tkogataiso_hed

弊社は、ISOの初版(94年版)の時代に、『世界で始めて』超小型のISOを開発し、以来、小規模企業から上場企業まで、様々な業種の数百社のお客様に『超小型ISO』を提供してきました。

ISOとは何か?

弊社では、これまで、様々なISOマネジメントシステムを提供してきました。

これらの規格に共通することは、リスクマネジメント・システムであるということです。

ISO9001              品質マネジメントシステム ・・・・・・・・・・・ 品質リスクの低減
ISO9100         航空宇宙産業品質マネジメントシステム ・・・ 故障リスクの低減
ISO14001            環境マネジメントシステム ・・・・・・・・・・・ 環境リスクの低減
ISO16949       自動車産業品質マネジメントシステム ・・・・・ 故障リスクの低減
ISO17025       試験・校正機関品質マネジメントシステム ・・ 測定リスクの低減 
OHSAS18000      労働安全マネジメントシステム ・・・・・・・・ 労災リスクの低減
ISO22000            食品安全マネジメントシステム ・・・・・・・・ 食品ハザードの低減
ISO27000            情報セキュリティ・マネジメントシステム ・・ 情報漏洩リスクの低減

かつて、審査機関(審査員)は、「ISOは経営全体を対象とするものです」と誇大な宣伝を行い、ISOを権威づけようとしました。

しかし、ISOで「手形の不渡り」を防いだり、また、「労働争議」を解決することもできません。

あるいは、「営業の不振」や、「倒産」を回避することもできないのです。

私達は、ISOは、現場(製品・構造物・サービスの製造・施工・提供)における特定のテーマ(品質とか環境とか食品ハザード)に関する管理ツールだと考えています。

『超小型ISO』とは何か?

大型ISOは会社を疲弊させ、(国際)競争力を奪ってきました。あなたの会社がそうならず、競争力・成長力を維持するためにはどうすればよいか?

これが、当社が『超小型ISO』を開発した最初の動機です。これまでの大型ISOと対比させる意味で、『超小型ISO』とネーミングしました。

具体的には、

【 超小型ISO9001 】
isogazou1文書(マニュアル+手順書)37頁 品質記録 9枚
【 超小型ISO14001 】
文書(マニュアル+手順書)24頁 環境記録12枚
という超小型のシステムです。

超小型化の利点は、ISOの構築期間、ISOへの習熟期間、活動コスト、労力を大幅に低減させることにあります。このことによって、企業の競争力(国際競争力)の低下を防ぐことを目的としてきました。

isokaiteiha