5.工事成績ダントツ化プログラム

本章では、工事成績をアップする方法論について述べています。その方法を「工事成績ダントツ化プログラム」と呼んでいます。

5.1 「工事成績ダントツ化プログラム」とは

工事成績ダントツ化プログラムとは、次の構造をもった「研修+アプリ+内部監査(模擬竣工検査)」による訓練システムです。お客差の様々なニーズ、ご要望に合わせて、工事成績アップ・コンサルティングを行なうことができます。

(1) 工事成績ダントツ化研修

工事成績ダントツ化研修には次の3種類があり、それぞれ、4日の日程で行っています。

kdkprzu

研修後に現場をチェックしますが、これには、着工前、中間、竣工検査前の3種類があります。

竣工検査前CHKが、内部監査(模擬竣工検査)です。チェックには、講述する「工事成績ダントツ化アプリケーション」を用いています。

kdkprzu.02gif

(2) 工事成績ダントツ化アプリケーション

①工事成績90点アプリケーションは、パソコンに組み込まれた工事成績upマニュアルです。

②施工計画書作成、現場施工、竣工検査対策ができるマニュアルです。

③また、現在の工事成績を計算でき、逆算プログラムも搭載しています。

④操作方法はExcelと同じですが、パソコンの中ではVisual Basicが働いています。

 

kdkprzu.03

(3) 工事成績ダントツ化内部監査(模擬竣工検査)

①竣工検査と全く同じ内容の監査を行い、指摘事項を竣工検査までに修正・是正するものです。

②過去、幾多の優良工事、工事成績90点獲得を支援してきました。

zu5-1-3-1 zu5-1-3-2
①個別内部監査(高得点の現場をつくる) ②集合(社内)内部監査(底上げ・低得点をなくす)

5.2 なぜ「工事成績ダントツ化研修」が必要なのか?

研修で最も重要なことは成果をあげることです。「工事成績ダントツ化研修」は、誰でも、高い成果がえられるように設計しました。

5-2img1
研修風景(建設業協会)

5-2img2
研修風景(個別企業研修)

(1)意欲がないから、成果が上がらないのではない

①意欲がないから、成果が上がらないのではなく、成果が上がらないから、意欲が出ないのです。

②したがって、意欲を高めようとする前に、成果(工事成績)をあげる必要があります。

(2)「本物」の研修ノウハウ

①成果が上がっていない人は「出来ていない」「やっていない」「わかっていない」ところに気づいていません。それに気づけば誰でも成果は上がります。

②「出来ていない」「わかっていない」ところを教えても人は動きません。「出来ていない」「わかっていない」ところに気づいていただく。このとき人が動くのです。

(3) 工事成績ダントツ化研修の3つのコース

「工事成績90点研修」は、次の3つのコースから構成されています。

現場施工活動改善コースは工事成績を上げるための研修です。

  ・この研修は、会社最低点83点、最高点92点を輩出しました。

施工計画改善コースは工事成績評定表の項目をすべて取り入れた施工計画書を作る研修です。

  ・これを実施した会社は、施工計画にムラがなくなり、会社平均点85点を獲得されました。

工事書類自動化コースは、Visual Basicを用いて、工事書類をワンクリックで完成させるプログラムをつくる研修です。

  ・これを実施された会社では社内最高点は93.5点でした。

zu5-2-3

(4) ISO・OHSASと連動させた年間研修計画

①工事成績ダントツ化プログラムは、ISOの管理プロセスと組み合わせて導入することができます。
②ISO・OHSASの品質・環境・労働安全目標を「工事成績83点」として、管理サイクルを運用します。
③これまで、お荷物だった、ISOが会社にとって、無くてはならないシステムに生まれ変わります。
zu5-2-4

(5) 導入・年間計画・教育訓練

最近では、工事成績ダントツ化プログラムの「導入・年間指導計画・教育訓練」のパターンで社内研修を実施したいというご要望もあります。その場合は、次のようなプログラムになります。

①IQMS・EMS2015年版更新:超小型・超高性能ISOによる2015年版更新

②内部監査-継続的改善:(4) ISO・OHSASと連動させた年間研修計画

③教育訓練:(3) 工事成績ダントツ化研修の3つのコース「①現場施工活動改善コース」

※最初に、「お客差の様々なニーズ、ご要望に合わせて、工事成績アップ・コンサルティングを行なうことができます」と書きましたが、上述の(4) ISO・OHSASと連動させた年間研修計画、(5) 導入・年間計画・教育訓練は、お客様のご要望によって開始したものです。

※このように、ご要望により、カリキュラムを組み立てることができます。価格も、中小企業の場合は、30万円~600万円/年と幅広く調整することができます。

※研修、教育訓練の詳細については、弊社までお問合せください。

siryoutoi

5.3 工事成績ダントツ化アプリケーション

また、研修時間を全く取れない会社は、「工事成績ダントツ化アプリケーション」+「取説研修」だけでも大きな効果はあります。この「アプリ」だけで全現場の工事成績が84点を超えた会社(土木)もあります。本「アプリ」の効果を図式的に示すと、次の②③ようになります。

①アプリの導入

kssprpc

kdkprzu.04 kdkprzu.05
     ②施工計画・現場施工がスイスイ進む       ③ゴールは竣工検査

④工事成績ダントツ化アプリケーション(土木編・建築編)の使い方

「工事成績ダントツ化アプリケーション」は、当初、弊社が考えていた以上に大きな反響を呼びました。たとえば、このアプリケーションだけで、すべての現場が84点超となったという会社がありました。

以下の1)~6)は、アプリケーションのユーザから寄せられたものです。

1)代理人の指導ができるようになった

・「わが社には、工事成績の指導ができる役員・部長が1人もいない」。

・「現場指導はやってきたが、詳細な指導ができていなかった。アプリでそれが可能となった」。

2)これまで「工事成績のマニュアル」がなかった

・「このアプリは、工事成績のマニュアルそのものだ。これがなければ工事成績は絶対に上がらない」。

・「いままでは、何をどうチェックすればよいかわからなかった。今後は、社内検査のときに、このアプリにしたがってチェックするだけでよい」。

3)施工計画・施工管理のスピードアップができる

・「調べる手間が省ける。施工計画作成、施工管理のスピードが上がる」

・「2人体制のような仕事ができる」

4)研修で学んだことを忘れない

・研修で学んでも、すぐ忘れてしまいがち。このアプリがあると「学んだことを忘れることができない」。

5)内部監査が「本当に」継続的改善になった

・着工前チェック、中間チェック、竣工検査前チェックができるようになる。

・ISOはいらないけれども、内部監査だけで、工事成績が上がるようになる。

6)研修をやる時間と費用がなくてもできる

・仕事が忙しくて、研修する時間が取れずに困っていた。これで解決できる。

・研修費を支払う余裕がなくて困っていたが、月3万円からならば払える。

※工事成績ダントツ化アプリケーションの詳細をお知りになりたい方は、こちらから、お問合せ下さい。

siryoutoi

5.4 工事成績ダントツ化内部監査

⑴竣工検査と同じ内容で監査(模擬竣工検査)を行うものです。26年度の実績は、28現場訪問で、26現場が81点超。最高点は89点でした。

⑵管理サイクルは内部監査から始まるCAPDサイクルです。竣工検査までに改善をとるのがポイントです。模擬竣工検査での指摘事項を竣工検査までに改善しますので、「成果が出ないはずがない」と断言できます(図 「工事成績ダントツ化内部監査の管理サイクル」参照)。

⑶代理人の意識が、「不安」「苦痛」から「安心」に変わります。毎年、工事成績90点内部監査(模擬竣工検査)を受けておられる会社では、代理人の皆様の意識が、県工事では「83点が当たり前」というふうに変わってしまいました。

図 工事成績ダントツ化内部監査の管理サイクル

dant02
tougou013

※工事成績ダントツ化内部監査のトライアル・キャンペーンを行っております。ご希望の方はお問合せ下さい。

siryoutoi

 

 

次ページ

目次